音の無い歌詞

207.再会サヨナラ

再会サヨナラ












薄暗い駅のロータリー


冬の夜が更けようとする時刻


枯葉舞い散る並木道から君は姿を現す


シルエットはあの頃と変わらない


あるとすれば瞳に少し陰りを見た







「大人になったね」


仄かに街灯が二人を照らすまるでドラマみたいな演出と下手な台詞に君が笑う








二人は何も変わっていなかった


空白の数年間を乾いた風がすり抜けるだけ


人は成長を求める生き物だから


成長できない二人は


同じ場所に留まってはいられない







 
成長できないからこそ同じことで揉めて


変えられないからこそぶつかり合う







二人は大人になったけれど


二人きりになった時の二人


何も大人になって無い






簡単に変えることができればと誰もが願う


だけど季節だけが移り変わって二人はいつしか季節を無くして苦しんでいたね







再会サヨナラ これで最後の


再会サヨナラ 幸せ目指して歩き出そうよ


再会サヨナラ






季節は春を迎えようとしている


膨らみかけた木々の芽を見て君が少しだけ笑った気がした



 


再会サヨナラ


二人違う季節に向かって歩き出した


再会サヨナラ


幸せになれよ


俺もどうにかやるさ














スポンサーサイト
  1. 2017/03/20(月) 11:24:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

206.アンチエイジング

アンチエイジング













生きようとしている行動に


生き抜こうとしている行動に


誰が間違っていると言いきれるだろう


僕が大人になれないのは


尊敬できる大人達が居なくなってしまったからだ







意地悪やバッシングでしか自分の立ち居地を表現することができない


弱い大人達が増え過ぎてしまったんだ


何千万の歪んだ大人達は


知恵を携えた子供に過ぎない


こんなにも悲しみが蔓延してたら


この都市はいつか水没するだろう









必死になって泳ぎ続けても


報われるのは鮫くらいなもので


頑張らなくていいんだよって声をかけてほしいんだ









何故悪い大人達の真似を彼等は平然とやってのけるのだろう


そんな人達を相手にする主義も術も僕は知らない









誰が少年を少女を殺したのだろう


僕はきっと大人を無視することで救われてるんだ


年齢より若いなんて言われるけれど


いつまでも子供であり続けることが


反抗であり抵抗であり生き抜く術なんだ








誰が少年を少女を殺したのだろう


この先長く続く道のりを誰が奪ったのだろう


そんなニュースが僕を一番悲しくさせる









無口なのは人に興味が無いからだと揶揄される


違うそんな単純なものじゃないって一言が言えなくて


先に言い切った方が歴史を先行させるものだという


とあるレガシーが人々を一層無気力にさせる







大人を無視し続けた僕は胸を張って生きていると言えるのだろうか


ただそうすることで救われているという事実が悲しいのに悲しいという事実だけが残り






涙はもう出ない







生きようとしている行動に


生き抜こうとしている行動に


誰が間違っていると言いきれるだろう


誰が少年を少女を殺したのだろう


僕は少年を探し続けている










  1. 2017/03/12(日) 11:41:08|
  2. パンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

205.Happy season

Happy season













夢の様な日々だった


もしもあの季節に戻れるのだとしたら


ひとつひとつの言葉 想いをもっと大切にしたい


それは変わることのない季節だと思っていた


だけど季節は簡単に移り変わるんだ



桜が咲いて散るように


僕達は簡単に取り戻すことができないと学んだ







幸せだった季節にサヨナラを言いに来た


思い出して笑えるような日々を君が残してくれたんだから


Happy season 僕はとても幸せだった


これからも二人に幸せが訪れることを願う








後ろなんか振り返らないで


幸福の日々にサヨナラを言いに来た


幸せだった季節も今日ここでサヨナラ


二人の幸せの為に今前を向いて歩こうよ








ありふれた幸せも素敵だけれど


君が心の底から求めているあり方を追い続けて













  1. 2017/03/05(日) 12:46:32|
  2. バラード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

204.ピスケス

ピスケス














ブロック、スルーより残酷な言葉


簡単に削除できない言葉


メッセージ拒否より残酷な言葉


非表示リストに並ぶ僕はその中の誰よりも哀れなんだろう








無知な大人を演じるのは止めてくれ


知ろうとした僕に首を締めるのかい?


知恵の渦の中巻き込まれた僕は


深意と擬装を詰め込まれる







昨日天使だと信じていたものが


唐突に悪魔だって知らされたとしたら


経過した時間をどう塗り替えればいい


君がリセットしても気持ちは変われないんだ


あとは忘れるかここに残るか






二つの影二度と交ざり会うことが許されないならば


「もう会えないね」って言って欲しがってんだよ


この先もずっとゆらゆらと泳いでいるだなんて


僕はきっとどの星座よりも


哀れな魚座なんだろう







君と過ごした時間を夜空の周期が拐ってゆく


でも星は消せない


「あなたよ幸せになれ」








晴れた日の夜きらきらと光る星空は


まるであなたの笑顔のようだった










  1. 2017/02/26(日) 12:11:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

203.ハートから血液

ハートから血液












あなたの好きな服を着て


あなたの好きな食べ物も作れる様になった


あなたが安らげるように


ちょっといい家具も取り揃えたよ






バカみたい バカみたい


あなたが帰ってくる筈なんてないのにね


あなたは色褪せることなく鮮明さ増すばかり







それはまだハートから血液流れているから


簡単な思い出になんかさせたくない


あなたを忘れる最後の日まで


あなたの温度を感じていたい


たとえハートの中の血液空にしてでも






それはまだハートから血液流れているから


あなたの好きな服を着て


あなたの好きな食べ物を作って


バカみたい バカみたい


ほんっとにバカみたい












  1. 2017/02/19(日) 10:03:08|
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ