音の無い歌詞

214.ナゲキの壁

ナゲキの壁











貴方には僕が見えているだろうか


貴方にだけは見つけて貰いたくて


貴方に見つけて貰いたくて僕は目が瞑れるくらいの眩しい光を目指した





What I do ?





何故無視されるのかが分からなくて


華やいだ街に飛び込こんだ


何をしたって嫌われるだけなら


自分しか愛せないナルシストでも生きている方がまだマシだろう







相変わらず貴方は僕なんてどうでもいい存在みたいだから


僕は存在意義にしがみ付いて離れない


たとえ人々から忘れさられても


僕は僕だけを忘れちゃいけないと


いつかの少年はそう呟いた







壁にボールぶつけて遊んでた


閉め切った部屋の中 エレキギター掻き鳴らせば


少しだけ明るい未来が見えたよ


ありがとう


こだまするshout ディスチャージ 


鉄筋コンクリートの空しい響き




What I do ?





僕の相手はいつも壁だった


僕は壁に映し出された幻影


形なんて何処にもない


貴方に認めて貰わなければ


体なんてただの幻


僕の相手はいつも壁


高くて分厚い灰色の壁


貴方が積み上げた灰色の壁


僕が積み上げたナゲキの壁












スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 15:06:03|
  2. ロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

213.フェアアンフェア

フェアアンフェア
 










車が必要な者達には車を与えられず


金持ちの息子が何台もコレクションするだけ


住所が欲しい者には住所を与えられず


何棟も空き家をもった大富豪が所有する誇りまみれのマンションに


墓も建てられずに土の中に入っていった人達に


立派な墓を建ててスポーツジムに通うおじいちゃん


好きじゃない人と幸せに暮らす不倫妻に 


好きじゃない人との盛大な結婚式


愛し合っている人達が鳴らす教会の鐘の音に






fair unfair?







低所得の大切な貯金に


高給取りの散財


実力者の突然の解雇に


権力者の天下り


クリスチャンの異教徒への体罰に


コーランを綴るイスラム教徒のテロ行為に


星空にただひたすら明日に祈る少年と少女


絵具を買えない画家に


投資目的で絵を落札する人


寄付金でワクチンを処方される子供達に


大金を捌いて覚醒剤を打つ銀幕のスター


警官役で追いかける瞳の奥には


逃亡者よりもリアルに逃亡


車を欲しがらない若者達に


高級車を何台も所有する人


ホワイトカラー ブラック企業


経済大国 灰色の空


突然の解雇 複雑な人間関係


愛し合う不倫妻


家庭の荒みきった邸宅の庭に


高級車の中の練炭







fair unfair?









  1. 2017/05/21(日) 11:01:02|
  2. パンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

212.アセンションプリーズ?

アセンションプリーズ?











人間とは何て酷い生き物なんだろう


誰が何処で何を言っているのか


言われているのか 
 

堪ったものじゃない 





いい人だと思っていたら突然裏を返されたり


仲が良いと思っていたら実はお互いを嫌っていたり


まともな人って世の中にいるのだろうかと空を見上げてしまう






たとえ人間に絶望したとしても


付き合っていかなきゃいけないんだ


僕は人間味が無いとか偽善者とか言われるけれど


そんな人達の仲間になるくらいだったら


人間じゃなくていいんだ






そうだ僕は一足早く皆よりも先に


高次元を目指そう


彼等が汚れているのか僕がひねくれ者なのかは


その定義は曖昧なんだろうけれど


争いも悪口も存在しない


そんな人達の集まる場所へ行きたいんだ












  1. 2017/05/14(日) 11:45:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

211.感覧

感覧














ラクーアの観覧車に乗り目の前の人は


仕事の疲れからかあぐびを一つかいた


そんな一時があってもいい


考える時間を与えてくれない人は苦手だから


僕はまた感慨を巡らせた





皆が時々嘘をついて生きてるんじゃないかと思うんだ


次の頁を目眩く為の嘘を


本気で好きになった人を忘れる筈が無いんじゃないかって


君はそうは思わないのだろうか






そう考えれば考える程


失恋とは新たな恋の


冷静さを保つ為の鎮静剤

   




君と一緒にいた日々は


他の誰かと比べて決して楽しいとは言えなかったけれど


印象深い その一言に尽きる






だけど苦しいくらい切ないあの瞬間嫌いじゃないよ


全てをかなぐり捨ててでも玉砕に向かう


破滅主義






そう考えれば考える程


恋とは失恋の痛手を和らげる為の


快感神経を巡る鎮痛剤







そんなことより君のとった一つ一つの動作は


他の誰かと比べて決して可愛らしいものではなかったけれど


感慨深い その一言に尽きる






そんなことより君と撮った幾つかの写真は


他の誰かと比べて数少ないものだけれど


思い出深い その一言に尽きる






詰まるところ


君を語り出せば語り尽くせない


その一言に尽きる






ラクーアの観覧車に乗り目の前の人は


仕事の疲れからかあぐびを一つかいた


そんな一時があってもいい


僕はまた君に感慨を巡らせた











  1. 2017/05/07(日) 11:09:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

210.愛舞

愛舞












最初から道など無かった


こうあるべきだと決めたとしても


目の前には地平線が広がるだけで


走り抜いて立ち止まった時


君が手を差しのべてくれた







周りが見えなくなるくらい走ってた


他人の助言を無視して狭い道を作ってた


本当は道など無いのに


答えは一つしかないと思ってた







たどり着いたなんて思ってないよ


だけど胸を撫で下ろすかの様な優しい春の風は


忘れかけてた場所 


いつもそこには新しい出会いが待っている筈なのに


何故か懐かしくて


他人とは思えなくて


僕はそっと手を繋いだ






たどり着いたなんて思っていないよ


一緒に悩んでくれる人に出会った


本当は知っている筈なのに


一緒に考えてくれる人


こうであるべきと思っていた筈が


こんなのもありなんじゃないかと思わせる様な人






いれるだけ一緒にいよう







崩れてしまいそうな体に


なかなか崩れない芯の強さに心惹かれ


こうであるべきと思っていた筈が


そうではないと春の風が教えてくれた





ずっと一緒にいよう















  1. 2017/04/23(日) 14:50:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ