音の無い歌詞

237.white wind

white wind













淡い季節に白い風が靡く


何も出来ずに通り過ぎゆく毎日


立ち止まってずっと見ていたいんだ


このまま散りゆく季節を





淡い思い出に風が吹き抜ける最初のwhite wind


このまま何もかも拐ってくれないか


今の俺には淡い言葉など必要ないから


ただ桜が綺麗でこのまま散りゆく姿を







白い風よ桜色の季節を拐って欲しい


自分一人じゃ拭いきれない何かを


ただ桜が綺麗で


ただそれだけで







もう何も求めたりしない


わがままの受け皿に花びらが浮く


お前が付きまとうのを止め


俺の前から居なくなっても


付きまとうのはまたお前の影


ただ過ぎゆく季節を







これで良かったんだと最初のwhite wind


優しく 静かに 記憶を奪われ


わがままの盃に涙と桜の花弁








春になると俺の周りには


別れを告げに冷たい風が吹き


淡い幻想だけを残してゆく


ただ桜が綺麗で


ただそれだけで良かったんだ


white wind








スポンサーサイト
  1. 2018/04/01(日) 12:32:32|
  2. ロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

236.願いの羽

願いの羽













籠の中の蝶は美しい羽を持っているのに


羽ばたけないでいる


世界でたった一つの美しい羽







貴方にとってこの場所は生きずらい


でも生きずらいからこそ


モカギ苦しんで一つの何かを見つけられる


誰にだって自分にしかない何かがあるでしょう







自分にしかないモノを滑稽だと笑う者がいる


気にしていい


気にしていいけど


貴方は貴方を止めないで育て続けて


いつか貴方を笑う者がいなくなる

    





忘れないで貴方は一人じゃない


それは物語の中の僅かなエピソード


この狭い籠の中で


貴方だけの大空を切り開いて







自分にしかないモノを滑稽だと珍しがり閉じ込める者がいる


何をされたっていい


怖がらなくていい


貴方は貴方を止めないで育て続けて


貴方に集う者が必ず現れる







籠の中でも光は差し込む


籠の中でも景色は見える


想い描くことができる


ずっと籠の中にいるわけじゃない


もしも誰かが開けてくれたらそっと逃げて







忘れないで貴方は一人じゃない


まだ出会っていないだけ


この狭い籠の中を抜け出して


羽ばたいて欲しい


貴方を待っている人の元へ






忘れないで貴方は一人じゃない


いつも願っている人がいることを


その羽は貴方の願いでもあり


私の願いでもある


だから



  


 



籠の中の蝶は美しい羽を持っているのに


羽ばたけないでいる


世界でたった一つの美しい羽


貴方がいつか逃げ出す勇気を持つこと


私は願ってる










  1. 2018/03/18(日) 13:52:13|
  2. バラード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

235.恋ヶ坂

恋ヶ坂















いつか君を自転車の後ろに乗せて


坂道を猛スピードで駆け降りた


上り坂は僕が降りて君がペダルを踏んで


君の背中を押すのが僕の役目だった


焼き芋が食べたいと言う君は


僕の口元に焼き芋を運んで二人羽織


君は僕に青春を残してくれた人

 





ある日 僕は君の気持ちの重たさに堪えきれなくて転んだ


君の為に仕事を休むこともできなくて


私とどっちが大事なのと問い詰める 寂しがり屋な君の台詞は

 
この坂道よりもずっと苦しい


最後に言ってあげられる言葉は何も無く


恋ヶ坂 君の背中を見送るだけ







君が僕の自転車の後ろを降りた日から


僕は君が居なくなって悲しかったのか


楽になったのかが分からない


僕は君を追い続けるべきだったのか


何故あの時引き止めなかったのか







会いたいんだよ凄く


嫌いになった訳じゃない


だけど僕らは会えばまた傷つけ合うばかりで


出会った頃のようには戻れないね







恋ヶ坂 どれだけこの道を行けば忘れることができる


どれだけ登れば辿り着く


こんなにも好きなのに


傷つけ合うことしかできなかったなんて







ただ君の居ない自転車の後ろに

 
残された温もりと思い出を背負って


僕は今日も走り続けるだけ












  1. 2018/02/04(日) 13:34:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

234.ファーストポエム

ファーストポエム














久しぶりに飲めないアルコールを飲み


死ぬかも知れない思いをした


気を失いそうになる中で


生きることに一瞬諦めてる自分もいた


このまま死んでしまうのもいいだろう


沢山の夢も見たし


やりたいこともやってみた


直ぐに別れてしまったけれど


可愛い彼女と付き合うこともできた


思い残すことなど何一つない


このまま死んでしまうのもいいだろう


でもまだまだ震え立たせる面倒な自分がいやがる







このままでいいのか


このままでいいのかと





その問いかけは死ぬまで続くのかも知れない






このままでいいのか


このままでいいのかと







一番楽な自分が本当の自分とは限らない


無理してる自分だって自分だし


演じている偽りの自分も自分


だけど自分だけが自分を知らない







このままでいいのか


このままでいいのかと






僕はこのまま自分に出会わずに死んで行くのだろうか


嗚呼 自分


君は今何処にいるのだろう


昼頃目が覚めて


まず最初にみかんが食べたいと思った






  1. 2018/01/14(日) 13:56:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

233.サザンクロスホワイト

サザンクロスホワイト














人生の十字路で素敵な星に巡り合ったんだ


初めて君と遭遇した時


懐かしさ覚えて何でも話せるような気がしたんだ







二人は軌道に乗って夜空を駆け巡った


泣いたり笑ったりしながら燃え尽きるまで互いを温め合った


きっと二人は単体でも輝けるから


凍える星を温める為にそれぞれ違う周極星になったのだろう








その時科学は古を覆す


天文学者達は口を揃えて言うだろう


「二人は万有引力によって引き寄せられている」


たとえ人間という役割を果たして星になったとしても


60億の星の中から君を探すよ








冬の店先に並んだ白いサザンクロスを見て思う


白色の星形はまるで君が笑った時の瞳みたいだ








その時科学は古を覆した


天文学者達は口を揃えて言うだろう


「二人は万有引力によって引き寄せられている」







たとえ現世の願いが叶わなかったとしても


60億の星の中から君を照らすよ







夜空に十字を描いて聖なる時に今願う


たとえ人間という役割を果たして星になったとしても


60億の星空の中でまた君と巡り会いたい














  1. 2017/12/24(日) 13:46:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ