FC2ブログ

音の無い歌詞

194.BLACK ALIVE

BLACK ALIVE














最後に太陽を見たのはいつだろう


できれば輝かしい道を歩きたかったけれど


嘘偽りないオレの姿なのかも







日蝕の様な黒だけがオレを受け入れてくれる


皆何故そんなに楽しそうにしているのかオレには理解できない


「黒く染まれ」


日蝕の様な一瞬の黒だけがオレを優しく受け入れてくれる


黒い太陽がオレの瞳とシンクロした時


オレは自分の中に見ないふりをしていた感情と目が合ってしまった


お前は悪くない


生きたいのなら


黒に染まれと





自分を間違って責めた人間の終着駅に


スクラップされた想いの欠片が飛び散る


黒くなった血を眺めていると


誰にでも黒い血が流れているのだと


黒い太陽がオレに囁く







オレの中の黒い血が巡り始める


「黒に染まれ」


生きたいのなら黒く染まれと


自分は悪くない


悪いのはオマエをそんな風にした人間のせいだと


一生背負わされた宿命に向かって責め立てろ


オマエをぞんざいに扱った人間を責め立てろと


「黒く生きろ」


「黒く生きるんだ」




 

もうまともじゃいられない


できれば輝かしい道を歩きたかったけれど


これがオレの姿なのかも知れない







太陽が無くてもオレは生きてゆける


オレが生きてゆくのに太陽はオレを苦しめた


いつも自分が悪いと思っていた

 
でももうオレはアイツ等のスクラップにはならない


黒い太陽のもと


日蝕がオレに囁く   


「黒に染まれ」


黒く生きるんだと


























スポンサーサイト
  1. 2016/11/19(土) 13:36:27|
  2. アメリカンロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<195.カプチーノ | ホーム | 193.赤く染まった深い溝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/196-f9e6ed89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)