FC2ブログ

音の無い歌詞

200.クライオニクス

クライオニクス
















どんな人も受け付けない


白銀の大地が広がる


君の吐く息一つ一つが


快感神経を巡って


僕の大脳皮質を麻痺させた






血液を抜き取られる音が聴こえる


君と口づけを交わせば クライオニクス


紅い薔薇の花束は 


葵いブリザードローズに変わる







君の吐息は冷たい二酸化窒素


どんなに暖かい言葉も温もりも通用しない


それなのに何故追いかけてしまったのだろう


白いドレスに感情の無い瞳


暗い少女と知りながら


夏の海 浜辺で君と出会い


気がつけば冷たい風が吹き荒れる


ここは白銀の大地








minus196℃の言葉を前に


何人もの人間が凍りついたことだろう


誰も君とは一緒になれない


僕も君の為に保存されるだろう


半永久的に








零度の水の中に飛び込む


指先から感覚を失い


このまま氷漬けにされるだろう


君と色褪せない未来を誓うために クライオニクス







硬直した体に外れない指輪


永遠に咲き続ける青い薔薇の花束


白いタキシードに感情の無い瞳


きっと君に伝えくて  














スポンサーサイト
  1. 2017/01/14(土) 22:29:54|
  2. ビジュアル系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<201.氷天 | ホーム | 199.リスタート無限>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/205-abc2ed76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)