FC2ブログ

音の無い歌詞

206.アンチエイジング

アンチエイジング













生きようとしている行動に


生き抜こうとしている行動に


誰が間違っていると言いきれるだろう


僕が大人になれないのは


尊敬できる大人達が居なくなってしまったからだ







意地悪やバッシングでしか自分の立ち居地を表現することができない


弱い大人達が増え過ぎてしまったんだ


何千万の歪んだ大人達は


知恵を携えた子供に過ぎない


こんなにも悲しみが蔓延してたら


この都市はいつか水没するだろう









必死になって泳ぎ続けても


報われるのは鮫くらいなもので


頑張らなくていいんだよって声をかけてほしいんだ









何故悪い大人達の真似を彼等は平然とやってのけるのだろう


そんな人達を相手にする主義も術も僕は知らない









誰が少年を少女を殺したのだろう


僕はきっと大人を無視することで救われてるんだ


年齢より若いなんて言われるけれど


いつまでも子供であり続けることが


反抗であり抵抗であり生き抜く術なんだ








誰が少年を少女を殺したのだろう


この先長く続く道のりを誰が奪ったのだろう


そんなニュースが僕を一番悲しくさせる









無口なのは人に興味が無いからだと揶揄される


違うそんな単純なものじゃないって一言が言えなくて


先に言い切った方が歴史を先行させるものだという


とあるレガシーが人々を一層無気力にさせる







大人を無視し続けた僕は胸を張って生きていると言えるのだろうか


ただそうすることで救われているという事実が悲しいのに悲しいという事実だけが残り






涙はもう出ない







生きようとしている行動に


生き抜こうとしている行動に


誰が間違っていると言いきれるだろう


誰が少年を少女を殺したのだろう


僕は少年を探し続けている










スポンサーサイト
  1. 2017/03/12(日) 11:41:08|
  2. パンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<207.再会サヨナラ | ホーム | 205.Happy season>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/213-22f25d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)