FC2ブログ

音の無い歌詞

216.ティアドロップス

ティアドロップス















雨の似合う君に虹の端など掛けらないけれど


たとえばこんな映画があるとすれば君は笑ってくれるだろうか





口数の少ない君だけれど


その仕草 絵になる


その表情 知りたくなる 







僕のニューシネマパラダイスに遊びに来ないかい?


「太陽の誘い」などないけれど


暗くて美しい 


そして少しだけ前向きな映画を撮りたいんだ








七色の雨を降らせよう


しずくが落ちる程に君は美しい


雨に唄えば傘はコウモリの羽となり


レインブーツでタップを鳴らせば


通行人が振り向き笑って踊るストリートミュージカル


悲しみはそう長くは続かない


雨はきっとアメになる







君の涙をドロップに変えて


そら 君の涙を食べてくれる人がそこにいるだろう


七色の涙を流す君は魅力的


悲しみはそう長くは続かない


雨はきっとアメになる






雨に唄えば君に虹の橋など掛けられないけれど


たとえばこんな映画があるとすれば君は笑ってくれるだろうか














スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 10:08:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<217.霧雨 | ホーム | 215.貴方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/226-5135c29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)