FC2ブログ

音の無い歌詞

227.エネルゲイア

エネルゲイア






     





静かな風 そよぐ青空 変わらぬ街並みに佇む街路樹


ただ意味だけを追い求めていた青葉は


太陽を吸収して 燃え尽きて消えて行く






これでいいんだ


意味など人間が手に入れたら


意味などこの世から無くなる








太陽と月に照らされながら滅び行く文明ならば


やってみる価値は充分あるだろう


意味を追い求めて


最初から無いものを求めて


僕達は燃え尽きて消えて行く


その意味を知っている者は


ソクラテスでもアドラーでもなく


誰の中にでもある


無意識の深層部に司るエネルゲイア






そんなんじゃ世の中渡っていけないと周りの者は言う


だけど僕は今こうして生きていている


どんな生き方があっても構わない 


もしも君の生き方を馬鹿にする奴がいたら


僕はそいつらに真っ赤なジャムを付けて食べてやるんだ


辞めてしまえよそんなもの


我慢して報酬を得られる時代の終演


方や時代遅れのサムライと言われても


それは古き良きセンセーショナルを与えられる独自の希少価値


どんな生き方も照らしてくれのは太陽と月しかないんだ


上手くいかなくても決して焦らない


それでも地球は回っているんだ


青い空は誰のもとにも訪れるから






アドラーとソクラテスが手を繋いだ






きっと全てに意味を問いただせない人間を前に


きっと全てに意味があるのだろう


だけどそれを手にすることはできない


意味など人間が手にしたら


人間などこの世からいなくなる






星を輝かす為に生きているとでも言うのか


誰もが疑問を抱きながら


しかし安易に答えなど出してはならない


そんなものを発見した日には


人間としての意味を確実に終える日に近付くことだろう


もしもこの星が蒼きその意味を終えた時


文明の枯れた星に僕達の生命活動は他の星を照らしてくれるだろうか










スポンサーサイト
  1. 2017/10/29(日) 09:27:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<228.Nihil in the city | ホーム | 226.透明人間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/239-9a36d236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)