FC2ブログ

音の無い歌詞

237.white wind

white wind













淡い季節に白い風が靡く


何も出来ずに通り過ぎゆく毎日


立ち止まってずっと見ていたいんだ


このまま散りゆく季節を





淡い思い出に風が吹き抜ける最初のwhite wind


このまま何もかも拐ってくれないか


今の俺には淡い言葉など必要ないから


ただ桜が綺麗でこのまま散りゆく姿を







白い風よ桜色の季節を拐って欲しい


自分一人じゃ拭いきれない何かを


ただ桜が綺麗で


ただそれだけで







もう何も求めたりしない


わがままの受け皿に花びらが浮く


お前が付きまとうのを止め


俺の前から居なくなっても


付きまとうのはまたお前の影


ただ過ぎゆく季節を







これで良かったんだと最初のwhite wind


優しく 静かに 記憶を奪われ


わがままの盃に涙と桜の花弁








春になると俺の周りには


別れを告げに冷たい風が吹き


淡い幻想だけを残してゆく


ただ桜が綺麗で


ただそれだけで良かったんだ


white wind








スポンサーサイト
  1. 2018/04/01(日) 12:32:32|
  2. ロック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<238.堕天使 | ホーム | 236.願いの羽>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/249-303b8c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)