FC2ブログ

音の無い歌詞

251.夏刹那

夏刹那















陽射しに隠れる様に夜は熱く


ブルーキュラソー飲み干して


微かに香るミントの香り


邪魔する奴などいない筈だぜ


都会から離れて裸足のangel


ドレスのままで海に飛び込み


太陽が嫉妬するほどに熱いKISSを









オマエほど熱くさせるようなヤツはいない


このまま溺れてしまいそうだぜ


窒息するほどの長いKISS


失速を知らない夜








Baby オマエは確かに天使だった


ただしそれはきっと遠い前世の話さ


ベッドの上 白い羽の舞う


白いドレスの下に翼のタトゥー


不思議なくらい真っ直ぐで純粋な


あどけなさに惑わされてゆく







騙すつもりはなかったと言われても


オマエのその瞳がオレを騙してる


Baby騙されたいと思ってしまったんだ


オマエのその瞳忘れられない







オマエは何も語らなくても


知ってしまったその涙その訳を


真っ直ぐで潤んだ瞳 寂しげな翼


周りはオマエを小悪魔だと言うけれど


オレはオマエを信じてしまった


オマエの瞳忘れられない






騙すつもりはなかったと言われても


オマエのその瞳がオレを騙してる


Baby 騙されたいと思ってしまったんだ


オマエのその瞳忘れられない






Baby お前は確かに天使だった


ただしそれはきっと遠い前世の話さ















スポンサーサイト
  1. 2018/08/11(土) 21:08:32|
  2. ロックンロール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<252.宇宙思考 | ホーム | 250.Broken actor>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/263-9ce9bd74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)