FC2ブログ

音の無い歌詞

254.Midorinokaze

Midorinokaze











通りゆく街並みを何の感慨も更けずに過ぎ
てゆく


明くる日は白紙に染まり変わりゆく街並み







それはMidorinokaze


何をしていても何も見ることができず


誰と目を合わせても誰かを見ている訳じゃない


悲しいのは悲しいからじゃない


僕の中に太陽は登らない







全てを振り返り今を生きている


僕はあの頃と何も変わらない


あの日と同じ緑の風が吹き荒れてる







ぼんやりと変わりゆく街並みを見ている


何が楽しかったのか嬉しかったのか


取り戻すように探してる






それはMidorinokaze


僕は死ぬまで蒼き初期衝動


緑の風をいつまでも追いかけて


緑の風の中に消えてゆきたい


僕は緑の風になりたい





何が無きゃ生きていけないわけじゃ無くて


誰がいなきゃ生きていけないわけじゃない


僕がいる限り僕は生きてゆける






悲しまないで


一番大切なのはあなた自身で


あなたがいなくなることはこの世界で一番悲しいこと


だからあなたはどこかで生きていて






それはMidorinokaze


僕は死ぬまで蒼き初期衝動


緑の風をいつまでも追いかけて


緑の風の中に消えてゆきたい


僕は緑の風になりたい






緑の風が吹き荒れてる


あの頃と何も変わらない


緑の風を感じているから













スポンサーサイト
  1. 2018/08/26(日) 15:52:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<255.lewisite | ホーム | 253.星のない夜空>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamy609.blog.fc2.com/tb.php/266-26f4096e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)